歯科衛生士がわかりやすく解説!
歯磨き粉選びのポイントとは!?COLUMN

歯磨き粉の選び方について

こんにちは!
西永福駅前歯科の歯科衛生士、梅田です。

皆さんは毎日使う「歯磨き粉」をどのようにして選んでいますか?たくさんの種類の中から自分に合った歯磨き粉を選ぶのって難しいですよね!

そこで今回は、歯磨き粉を選ぶ時のポイントお伝えしていきます!

① 含まれている薬用成分の種類

歯磨き粉を選ぶときに一番大切なポイントは、歯磨き粉に含まれている薬用成分の種類です!

虫歯を予防してくれるフッ素だけでなく、歯周病予防には歯周病菌を殺菌してくれる成分、歯ぐきからの出血を抑える成分、歯ぐきを強くする成分など色々あります。

どの薬用成分にどんな効果があるのかを知り、ご自身にあったものを選ぶことが大切です。

② フッ素の濃度

フッ素には、虫歯菌が作り出す酸によって溶けてしまった歯を修復する「再石灰化」を促進する効果や、歯の質を強化して酸に溶けにくくする効果、虫歯菌の働きを弱める効果があり、虫歯予防には欠かせない成分です!

市販の歯磨き粉でもこのフッ素は入っているものがほとんどですが、フッ素の濃度は様々

虫歯予防にはフッ素が最大濃度の1,450ppm配合されているものがおすすめです!

③ 研磨剤や発泡剤の配合量

研磨剤が含まれている歯磨き粉には、着色汚れなどを落としてくれる効果がありますが、歯の表面を傷つけてしまう恐れがあるためあまりおすすめしません。

また発泡剤が多く含まれていると、口の中が泡だらけになってしまい歯ブラシをする時間が無意識に短くなり、磨き残しの原因になりますので、低発泡のものがおすすめ
です。

オススメの歯磨き粉

虫歯+歯周病予防におすすめ!

SP-Tジェル

虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルムの内部まで浸透、殺菌してくれるIPMP配合。

歯ぐき細胞を活性化し歯ぐき内部への細菌の侵入を防ぐビタミンE、歯ぐきの炎症・出血を抑制するトラネキサム酸配合で歯ぐきの防御力もUP!

フッ素が1,450ppm配合されているので虫歯予防にも!

歯周病特化の天然由来歯磨き粉!

ペリオバスタージェル

アロエ、ヨモギ、ヒノキ、人参、海藻などの天然由来成分配合で化学物質を一切使っていない体に優しい歯磨き粉。お年寄りや妊婦さんにも安心して使っていただけます。

歯科医院専売品のため、薬局や通販では購入することのできない商品です。

知覚過敏の方におすすめ!

メルサージュ ヒスケア

硝酸カリウムが歯の神経の過敏性を軽減させ、痛みの緩和を促します。

乳酸アルミニウムが冷たい刺激が神経にまで伝わるのをブロックします。

フッ素が1,450ppm配合されているので虫歯予防効果もしっかりあります。

着色の予防におすすめ!

スーパースマイル トゥースペースト

独自成分カルプロックス®が汚れの原因である歯の表面のタンパク質を分解し、着色汚れや歯垢の付きにくい歯を保ちます。

また付着してしまっている着色汚れもタンパク質とともに分解してくれるので、歯を傷つけずに着色汚れをおとし
ます

※ホワイトニング効果はありません

まとめ

歯磨き粉の選び方について

当院では、患者様ひとりひとりのお口の状態にあった歯磨き粉を処方しております。

また、今回紹介した歯磨き粉はすべて当院で取り扱っておりますので、気になる歯磨き粉があった方、ご自身に合った歯磨き粉を知りたい方、お口の中で気になる症状がある方など、ぜひ一度当院にご来院ください。

西永福の歯医者 | 西永福駅前歯科・矯正歯科

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

西永福駅徒歩30秒の歯医者|西永福駅前歯科・矯正歯科