知覚過敏について

知覚過敏とは

ホワイトニングについて

主な症状:歯がしみる

冷たいものを食べたり飲んだりした時や、歯磨きをしている時に歯がしみる症状は知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏=しみるというイメージをお持ちの方も多いと思います。実際は歯の違和感やむずがゆいといった症状も含まれる場合があります。

知覚過敏は一瞬の症状なので我慢できてしまい、放置してしまいがちです。しかし状態によっては、歯の神経の治療をしなくてはいけなくなる方もいらっしゃいます。

次のセルフチェックで当てはまる項目がある方は、一度歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

やってみよう!知覚過敏セルフチェック

以下の症状が当てはまる場合、知覚過敏の可能性があります。参考にしてみてください。

  • 虫歯はないはずなのに冷たい物がしみる。
  • 歯磨きするときにしみたり痛い事がある。
  • 歯茎が下がってきたように感じるようになってから違和感がある。
  • 歯ぎしりやくいしばりを指摘されたことがあり、冷たい物がしみることがある。

知覚過敏の原因

原因は2種類

  • A.力(食いしばり・強い力での歯磨き)
  • B.歯茎が下がる(歯周病・矯正)

歯の表面のエナメル質の内側と、歯の根には象牙質という組織があります。
この象牙質には象牙細管という無数の小さい管が神経に向かって走っており、ここに刺激が加わると神経に刺激がいくため、しみたり痛みを感じたりします。

TVのCMではこれを知覚ホールと呼んでいますね。力が原因でエナメル質が欠けたり、歯茎が下がって歯の根が露出すると、刺激が伝わりやすくなるため、知覚過敏の症状がでやすくなります。

1ヶ月で歯ブラシの毛先がひろがってしまう方は、歯磨きの力が強く、気づかないうちに歯が削れたり、歯茎が下がっている可能性があります。歯ブラシの持ち方や種類を一度見直す必要があります。

知覚過敏の説明動画

知覚過敏の治療方法

A.力が原因の場合

  • 歯の欠けた部分をプラスチックで補強する
  • マウスピースを作成する
  • 歯磨き粉を知覚過敏用に変える

日中、夜間の食いしばりや強い力の歯磨きを続けると、歯の根元が欠けたり削れたりします。
その部分にプラスチックの材料を詰める事で、刺激を防いで知覚過敏の症状を軽減させます。また歯ぎしりや食いしばりがある方の場合、マウスピースを作成して装着して頂く事で、新たに根元が欠けたり、補強したプラスチックが欠けるのを防止していきます。

B.歯茎が下がってしみている場合

  • 歯科医院でしみ止めを塗る
  • 歯磨き粉を知覚過敏用のものに変える

歯周病や矯正治療などによって歯茎が下がると、歯の根が露出して知覚過敏の症状がでやすくなります。この場合、歯医者で定期的にしみ止めの薬を塗り、歯磨き粉を知覚過敏用に変えることで症状を緩和させることができます。

知覚過敏におすすめの歯磨き粉

知覚過敏の方におすすめするのはこのヒスケアという歯磨き粉です。Hys(ヒス)=知覚過敏のことで、その名前の通り知覚過敏をケアしてくれます。

薬用成分の硝酸カリウムと乳酸アルミニウムが刺激を伝える象牙細管(知覚ホール)を塞ぐ事で、知覚過敏の症状を緩和します。

フッ素も最大量の1,450ppm配合されているので、虫歯予防効果も高いです!研磨剤が入っていないので歯に優しく、味もまずくないので非常に使いやすいです。

当院で販売していますので、興味のある方は是非お立ちよりください。

西永福駅前歯科・矯正歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の西永福駅前歯科・矯正歯科

西永福駅前歯科・矯正歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

関連ページ
西永福の歯医者 | 西永福駅前歯科・矯正歯科

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

西永福駅徒歩30秒の歯医者|西永福駅前歯科・矯正歯科