静脈内鎮静について

親知らずを抜きたいけど
抜歯が怖い方へ

専門麻酔科医立ち会いによる
静脈内鎮静法での抜歯のご紹介

静脈内鎮静について

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静について

点滴注射から麻酔剤を投与し、治療の恐怖感や治療器具による吐き気を防止する歯科治療の補助手段です。

薬剤の効果により、半分寝ている状態で処置がおこなわれるため、処置の過程はほとんど覚えていません。

全身麻酔ではありませんので、処置終了後は1時間程の休養でお帰りいただけます。

静脈内鎮静法のメリット

静脈内鎮静について
  1. 麻酔専門医が立ち会い、血圧やSPO2(静脈内酸素飽和度)などを測定
    します。全身管理のもとで安心して抜歯が
    できます。
  2. 半分寝ている状態なので、恐怖感や不安・緊張感を最小限に抑制した状態で抜歯がおこなえます。治療中のことはほとんど覚えていません。
  3. 嘔吐反射を抑制できるので、器具で気持ち悪くなってしまう方にもオススメ
    です。
  4. 血圧や脈拍が安定するため、高血圧の方でも処置が可能になります。

静脈内鎮静法のデメリット

静脈内鎮静について
  1. 歯科治療における静脈内鎮静法は、健康保険適用外の自費治療となります。
  2. 静脈内沈静覚醒後は約1時間程度院内でお休みいただきます。
  3. 当日の乗り物の運転はできません。
  4. 事前の問診により使用できない場合があります。

静脈内鎮静法の費用

静脈内鎮静法の費用
項目 費用
麻酔専門医
立ち会いによる
静脈内鎮静法
1回77,000円(税込み)
+ 抜歯費用
(健康保険適用)
抜歯の難易度と費用について

ご来院から抜歯までの流れ

1回目のご来院時

1STEP:

レントゲン撮影(CT撮影)を行い、画像を見ながら抜歯の手技、抜歯にかかる時間などの説明をさせていただきます。抜歯に関するご質問がございましたら、お気軽にお声がけください。

2STEP:

抜歯のご説明をさせていただいた後、静脈内鎮静をご希望される場合は麻酔に関する問診票の記入をしていただき、血圧の測定を行います。

3STEP:

静脈内鎮静に関する注意事項を説明後、次回の抜歯のアポイントをとり1回目は終了となります。

2回目のご来院(抜歯)の前日

麻酔専門医が抜歯の前日、患者様にお電話にてご連絡いたします。

現在の体調の確認や、記入して頂いた問診票をもとにいくつかご質問をさせていただきます。

お電話の内容をもとに麻酔専門医と連携をとり、翌日の患者様の抜歯の準備をおこないます。

2回目のご来院時

抜歯後の注意事項を説明させていただいた後、麻酔科医により静脈内鎮静をおこないます。

鎮静後、麻酔をして抜歯を行います。

抜歯後に鎮静が終わりますので院内にてお休みいただき、お帰りいただきます。

翌日に消毒にきていただきます。

抜歯後の注意点
について

西永福駅前歯科・矯正歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の西永福駅前歯科・矯正歯科

西永福駅前歯科・矯正歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

西永福の歯医者 | 西永福駅前歯科・矯正歯科

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

西永福駅徒歩30秒の歯医者|西永福駅前歯科・矯正歯科