歯が黒いと虫歯?

歯が黒いと虫歯なの?

歯が黒くなっていて、虫歯かもと不安になったことはありますか?

確かに虫歯は黒いイメージがありますが、必ずしも『黒い=虫歯』とは限りません

中には、着色や変色の場合もあります。では、どのように見極めれば良いのか、そのコツと対処法をまとめました。

歯が黒い主な原因

  1. 虫歯
  2. 歯の着色
  3. 金属の詰め物による変色
  4. 神経を失っている
  5. 歯ぐきの中の歯石
  6. 薬によるもの

1.虫歯

歯の表面に黒い点や筋がある場合は、虫歯であることが多いです。しかし、歯の表面に凹凸があれば、その部分に色はつきやすくなるので、着色の可能性もゼロではありません。

虫歯の特徴の一つに痛みがあり、冷たいものがしみるだけでなく、熱いものもしみる場合は、虫歯の可能性が高くなります。

しみる=知覚過敏と軽く捉えずに、必ず歯科医院でチェックを受けましょう。

2.歯の着色

黒い着色は、喫煙、ワイン、コーヒー、麦茶など、色の濃いものが原因であることがほとんどです。

着色は、歯のクリーニングやホワイトニングで白くすることが可能ですが、歯の溝に色がついている場合は、クリーニングでも落とせないことがあり
ます。

着色のつくものを口にした後にお水で口をゆすぐと、着色が付きにくくなるのでオススメです。

3.金属の詰め物による変色

銀色の詰め物や銀歯をしている場合は、銀イオンが溶け出して境目が黒っぽくなることがあります。

金属の劣化が原因となりますので、心配な方は銀歯以外の素材を選ぶことをオススメします。

また、銀イオンが溶け出している以外にも、詰め物と天然歯の隙間があることで、そこから虫歯になっている可能性もあります。境目が黒くなっている場合は、詰め物のせいとは決めつけずに、きちんと歯科医院で確認しましょう。

4.神経を失っている

歯の神経を失うと、栄養が行き届かなくなるため、徐々に歯そのものが黒っぽくなります。着色と違い、クリーニングでは白くなりません。

白くしたい場合は、被せ物をするか、ホワイトニングをする必要があります。

5.歯ぐきの中の歯石

歯石は、歯ぐきよりも上にあるものは白く、歯ぐきの中に入り込んだものは、黒い色をしています。特に歯周病の方は、歯ぐきの中に歯石が入り込みやすく、それを放っておくと歯周病が悪化し、危険です。

しかし、歯ぐきの中は目視できないうえに、大変傷つきやすい部位です。見つけた場合は、ご自身で取るのではなく、必ず歯科医院で取ってもらいましょう。

また、日頃のお手入れで、歯と歯ぐきの境目の磨き残しを無くすと、黒い歯石はつきにくくなります。歯ブラシだけではなく、フロスや歯間ブラシを使うとより効果的です。

6.薬によるもの

テトラサイクリン系の抗生物質の使用により、結果的に歯が黒くなることがあります。

これは、歯のカルシウムとテトラサイクリンが結びつくことで起こる現象で、妊娠中や授乳中の方、永久歯が生え始める時期のお子様が多く使った場合に、副作用としてみられます。

神経を失った歯と同じく、クリーニングでは色を落とすことはできませんので、被せ物やホワイトニング等で対処する必要があります。

まとめ

歯が黒くなる原因により、対処法も様々です。大切なことは、ご自身で決めつけて放っておかないことです。放っておくと、虫歯であれば最悪の場合、神経を失うことになってしまうかもしれません。

また、その歯だけではなく、隣接する他の歯にまで影響を及ぼす可能性もあります。そうなると、治療費も倍かかることになりますので、黒い部分を見つけたらまずは歯科医院でチェックをしてみることをオススメします。

定期健診を受けることで、白くて綺麗な状態を維持しやすくなりますよ。当院では、お口の中の写真を撮影後、患者さまと一緒に写真を確認し治療について相談をおこなっています。

西永福駅前歯科・矯正歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の西永福駅前歯科・矯正歯科

西永福駅前歯科・矯正歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

西永福の歯医者 | 西永福駅前歯科・矯正歯科

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

西永福駅徒歩30秒の歯医者|西永福駅前歯科・矯正歯科