むし歯があると他の歯に
むし歯がうつるの?

むし歯ができるリスクが高い

むし歯ができるリスクが高い

お口の中にむし歯があると他の歯にもむし歯ができるリスクが高いです。

口腔内には少なくとも1000億以上の細菌がいます。その中にはむし歯菌がいて、糖を栄養にして歯を溶かそうとしています。

一方で歯はそのむし歯から歯を守るために、主にフッ素を取り込んで歯を再石灰化(溶けようとする歯を修復)しています。口腔内では常にこの虫歯菌と歯の修復との戦いがおこなわれています!

歯の修復力よりむし歯菌が強い

むし歯がある=
歯の修復力よりむし歯菌が強い良くない状態

むし歯が直接他の歯にうつるということはありませんが、むし歯菌が酸を作り出すため、隣り合っている歯が虫歯になりやすくなります。口腔内を1つの単位として見ると、むし歯があるということは歯の修復力よりもむし歯菌が優位な状態であるということです。

したがって口腔内にむし歯がある場合、他の歯にもむし歯ができてしまう可能性が高いむし歯高リスク状態ということになります。

虫歯を増やさないようにするには、口腔内環境の改善が必要になります!

虫歯と
プラークコントロール
虫歯

虫歯ができた原因を見つける

むし歯を取って詰めるだけでは“むし歯高リスク状態“は変わりません。

むし歯になった原因を見つけて口腔内環境の改善をし、むし歯予防しましょう!

むし歯は口腔内環境がむし歯菌優位の“結果“としてできたものなので、むし歯の治療と合わせてむし歯ができてしまった原因を見つけて口腔内の環境改善をすることが大切です。

虫歯

口腔内の環境改善は主に以下の3つ

1. むし歯菌の数やむし歯菌の栄養源となる糖を減らす『プラークコントロール』

2. 歯の修復力を強化する『フッ素』を取り込む

3. 上2つの両方からアプローチする

予防歯科 歯のクリーニング

むし歯になりにくい歯へ

むし歯になりにくい歯へ

口腔内環境の改善+むし歯治療でむし歯になりにくい歯を目指しましょう!

むし歯ができやすい口腔内環境の原因はプラークだけではありません。隙間があるつめ物やかぶせ物(不良補綴物)、歯ぎしりなどの力や生活習慣が原因でむし歯になることも多くあります。

むし歯ができてしまったらショックだと思いますが、逆に言えばむし歯の原因を調べてむし歯になりにくい口腔内環境に改善するチャンスでもあります!

当院では長期的に歯の健康を維持する予防歯科に力を入れていますので、興味のある方はご連絡ください。

歯ぎしり 虫歯

西永福駅前歯科・矯正歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の西永福駅前歯科・矯正歯科

西永福駅前歯科・矯正歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

西永福の歯医者 | 西永福駅前歯科・矯正歯科

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

西永福駅徒歩30秒の歯医者|西永福駅前歯科・矯正歯科